情報教材アフィリエイトで経済的成功を果たす実践ブログ

プロフィール

プロフィール写真

バングラデシュの首都ダッカ在住の情報教材アフィリエイター。

昔は安月給の会社員だったため、ネットビジネスに挑戦した結果、ノウハウコレクターに。

様々な稼ぎ方を実践した結果、最も安定かつ安全に稼げる情報教材アフィリエイトに落ち着きました。

理論や理屈だけ、また抽象的な教えは抜きにし、「経済的成功だけ」を追い求める情報教材アフィリエイトの神髄を伝授します。

コミュニケーションを取りながら、一緒に収入を得ましょう。

→詳しいプロフィールはこちら
→お問い合わせはこちら

アフィリエイト実績

               

インフォトップ累計
202万4305円
202万4305円の報酬

インフォカート累計
33万6135円
33万6135円の報酬

PayPal累計
206万8348円
206万8348円の報酬

→さらに詳しい実績はこちら

       

最近のエントリー

30分アフィリエイト

拘束時間『30分』作業内容『2つ』

80%のアフィリエイト作業を自動化月収5万円を稼ぐ
新時代アフィリエイト技術の全貌を72名限定で公開中

今すぐクリック

東雲司 の記事一覧

ネットビジネスで海外移住した物語

<更新日時> 09月14日(金) 23:32

東雲です。

「金をくれ!」

私は毎日、見知らぬ人にそう言われています。

道端で座っている乞食に現金を要求されるのです。

時には手を出されたまま
延々と付きまとわれる事があります。

子供が脚にしがみついてきた事もあります。

身の危険を感じた事は無いのですが、
一応財布は分かりづらい場所に
いつも隠し持っています。

私はバングラデシュの首都ダッカ住まいです。

ごく最近、中央アジアの発展途上国に
日本から移り住みました。

バングラデシュはとても良い国です。

毎日気温は30℃を超え、
照り付ける太陽も肌が痛くなるほどですが、
日陰に入れば快適に暮らせます。

物価は日本の1/5〜1/10ほどです。

スーパーへ行けば1.5Lのミネラルウォーターが
30円で買えますし、真っ黄色の熟した
甘いバナナは一房15円程度です。

日本のココスやロイヤルホストに相当する
ファミレスへ行っても1食300〜500円で済みます。
(コーヒーと食後のチョコアイス付き)

間接照明を使ったお洒落でモダンな
日本食レストランで天丼を食べても1,500円でした。

タクシーは1時間乗っても700円です。

また、人力車の自転車版『リキシャ』が
街の至る所に待機しています。

1〜2kmの距離を50円〜100円で乗せてくれます。

服も500円あればポロシャツが買えるので、
お洒落にこだわらなければ安く過ごせます。

私はネットビジネスを通じて、海外移住しました。

一度海外へ移住してみたい、
あるいは長期旅行をしたいという夢を昔から
持っていたのですが、ついに実現したのです。

海外に出ると価値観が広がります。

日本とは全く違った文化、全く違った常識に触れる事で、
インスピレーションを得られたのです。

冒頭では乞食がどうこう言いましたが、
あれはバングラデシュの極一部に過ぎません。

乞食も、基本は人通りの多い場所にいます。

無視すれば、向こうも危険な事はして来ません。

しつこく付きまとってくる乞食も、
大抵は田舎の町にしかいません。

(冒頭の話は、バングラデシュ空港近くの
ウットラという街のエピソードです)

首都ダッカなら、乞食もだいぶ少ないのです。

それはさておき、日本という狭い島国にいては、
全く知れない世界を知る事が出来ました。

特に大きな気付きは『自由』でしょうか。

私はバングラデシュ以外の国も、
トルコ、タイ、マレーシアなど回ったのですが、
いわゆるホスピタリティは日本が断トツです。

スーパーでも安い食堂でも、店員が礼儀正しく
丁寧に対応してくれるなど、他国ではあり得ません。

日本に敵うホスピタリティの国など、
存在しないのではないかと感じるほどです。

しかし、日本はその分だけ堅苦しいのです。

礼儀やマナーを重んじ過ぎて身動きが取れない、
常に他人の顔色を伺って過ごさなければならない、
いつも他人や社会に対してどこか怯えている、
道行くサラリーマンの顔にも元気が無い。

その点、海外は活気があります。

みんなが固い一般常識に縛られる事なく、
伸び伸びと生活しています。

バスに乗れば突然バイオリンを披露し始める
謎のバングラデシュ人が現れますし、電車に
乗ればラジカセから流れるBGMと共に
ブレイクダンスを披露する黒人もいます。

それに嫌な顔をする乗客もおらず、
みんなダンスが終わった後には拍手と指笛で讃えます。

刺青(タトゥー)も海外ではファッションです。

お洒落の一種でしかありません。

携帯電話ショップで順番待ちをしている最中、
隣のダンディな親日おじさんに話し掛けられ、
意気投合した事もあります。

最低限の法律は守った上で、
みんな自由に日々の暮らしを楽しんでいるのです。

気分転換をしたければ、国境をまたぐバスに乗って
近隣の国へ『出張』が出来ます。

アフィリエイトで経済的成功を収めれば、
好きな国へ移住し、好きな国へ長期旅行し、
自由に旅を楽しめるようになるのです。

あなたが稼ぐために必要な道具は2つだけ。

パソコンとインターネットです。

それさえあれば、世界中どこにいても、
あなたの自由に収入を生み出せます。

アルゼンチンのイグアスの滝の前で、
軽い水しぶきを浴びながら、30分掛けて
メルマガを一通書き上げ、10万円の
収入を生み出す事が出来ます。

スターバックスの本拠地シアトルで
大好きなモカフラペチーノを飲みながら、
店内のWi-Fiを使ってブログ記事を投稿し、
5万円の報酬を得る事が出来ます。

飛行機のビジネスクラスに乗って、
フランス赤ワインやチキンステーキに
舌鼓を打ちながら機内Wi-Fiを使い、お客さんと
メールでコミュニケーションを取る事も可能です。

上記の事を、私は全部やった経験があります。

アフィリエイトで稼いだから、出来たのです。

今回私がしたいのは自慢話ではありません。

「パソコンとネットさえあれば世界中どこでも稼げる」
というのはネットビジネスでよく言われる事ですが、
本当にそれは実現可能という事です。

そのために必要な技術やテクニックを、
今後もあなたに伝え続けていきます。