情報教材アフィリエイトで経済的成功を果たす実践ブログ

プロフィール

プロフィール写真

名前:東雲 司(しののめ・つかさ)

バングラデシュの首都ダッカ在住。

数年勤めた会社をリストラされた後、ネットビジネスを始めました。

最初はノウハウコレクターに陥りましたが、紆余曲折あり月収102万円を達成。

今は主に、伝統的な心理学を活かし、その人に眠る才能を開花させる活動をしてます。

「全ての人には、特別な潜在能力が宿っている。それを開花させれば、誰でも成功出来る」が信念です。

コミュニケーションを取りながら、一緒に収入を得ましょう。

詳しいプロフィールはこちら

東雲のサポート方針はこちら

計画中のネット講座一覧はこちら

お問い合わせはこちら

東雲のTwitterはこちら

最近のエントリー

性格診断アフィリエイト

あなたの才能を正確に見抜き、
最速で月収50万円を稼げる方法を見つけ出す、
スイス伝統的な性格診断を172名限定で公開中

今すぐクリック

問い合わせメールが増えるアフィリエイト記事の書き方

東雲です。

今日は息抜きの話をしましょう。

息抜きと言っても、コピーライティングや
マーケティングに深く関わってくる知識です。

正直な話、今回のテーマを見落とすと、
アフィリエイト報酬が本来の20%まで
低下する可能性が高いんですね。

例えば、本来なら月収20万円稼げるのに、
月収4万円しか稼げない、って感じになります。

あなたのファンの数も20%に減ります。

本当なら、メルマガリストが
100集まってるはずなのに、
今回の話を知らないと20しか集まらない。

あなたの成功スピードが1/5に
低下する恐れがあるっていう事です。

流石に大げさな言い方かな?

って私自身も思うんですけど、
ちょっと誇張して伝えるくらいが
丁度良いって思うほど、私は今日の
テーマを重要視してるんですね。

私は情報教材アフィリエイト単体で言うと、
過去の最高月収が102万円です。

2014年の話ですね。

でも、当時は今回のテーマ知らなくて。

もし知っていたら、月収500万円は無理でも、
月収150万円〜200万円は
達成出来てたかなと思います。

当時、熱心なファンの方は50人くらいいましたが、
それも100人は突破してたと思いますね。

なんでかって言うと、今回のテーマを
アフィリエイトに取り入れてから、
過去集まらなかったようなタイプの生徒さんが、
大量に集まり始めたんですよ。

ネットビジネスを一時離れる前の、
2012〜2014年だったら絶対
私の下に来ない人が来始めたんです。

え、このタイプの生徒さんは初めてだ

っていう発見があって面白いです。

おかげで、私宛の質問・相談メールが
従来より増えましたね。

それくらい、あなたの影響力がアフィリエイト業界の
広範囲に及んで行くテクニックです。

それが何かって言うと、

興味ポイント

です。

私が日々言ってるように、
人それぞれ才能や向き不向きは違います。

で、あなたの才能によって、
あなたが“興味を持つ対象“が変わるんです。

具体的に言うと、以下の5つがあります。



場所
行動
情報

その名の通り、人に興味がある人は、
「心理機能はユングが作りました」
「宇多田ヒカルは内向的感情タイプです」
みたいに、人の話をすると喜ぶんです。

ここで大事なのが..

人タイプの相手に、場所の話をしても、
「つまらない」と思われる可能性が高い

って事なんですね。

要するに、メルマガを解除されるんです。

私の場合、興味は場所と行動ですかね。

だから、「どこで何をやるのか」って言う話に
食い付くんです。

長野県で森林浴をしています
マカオで夜遊びをして来ました
シンガポールで不動産経営をしてます

って話に惹かれます。

逆に、興味が薄いのは人と物ですね。

だから、

ドナルド・トランプはこの腕時計付けてます
ホリエモンはマネークリップを持ってるそうです

とか言われても、「ふーん」で終わります(笑)

つまり、あなたがどんなにコピーライティング学んで、
マーケティング学んで、面白い文章を書いても、
話題が限られてると読者も限られるんですね。

なので結論として、

1.興味ポイントが偏ると、読者数が減る
2.全ての興味ポイントを話せば、全ての読者が集まる

って言う事なんです。

私は興味ポイントを結構意識してますね。

「最近、人の話が少ないな」と思ったら、
ユングとか、ビル・ゲイツとか、
少し人の話を組み込みます。

「あまり場所の話をしてないな」と思ったら、
私が住むバングラデシュとか、仕事でよく行く
トルコやウズベキスタンの話をします。

5つの興味ポイントをコピーライティングとか
マーケティングに組み込むと良いよって事ですね。

理想は、1つ1つの記事全てに、バランスよく
5つの興味ポイントが入ってる事です。

でも、最初は難しいと思いますね。

最初は、“1記事1興味“がお勧めです。

つまり、こんな感じでローテーション組むんですね。

1日目:人の記事を書く
2日目:物の記事を書く
3日目:場所の記事を書く
4日目:行動の記事を書く
5日目:情報の記事を書く

という感じで、5つの興味ポイントをバランスよく
散りばめると、いろんな読者さんが集まって来ます。

あなたの媒体で使ってみて下さい。


あなたの才能を正確に見抜き、
最速で月収50万円を稼げる方法を見つけ出す、
スイス伝統的な性格診断を172名限定で公開中

今すぐクリック

↓↓ ご意見・ご感想は以下よりお気軽にどうぞ! ↓↓





2件のコメントがあります。

  1. ミラ さんのコメント
    2018年11月14日 10:42 AM

    こんにちは。

    ランキングからお邪魔しましたミラです。

    興味ポイント』について、納得しました。

    確かに人は興味のあることしか反応しないですもんね。

    まずは、「1記事1興味」から始めてみたいと思います。

    • 東雲 司 さんのコメント
      2018年11月14日 1:34 PM

      ミラさん

      5つの興味ポイントを全部押さえれば、
      いろんな人が記事を読んでくれますね。

      最初は難しいですけど、慣れてくると
      全ての記事に全ての要素を入れられるので、
      ぜひやってみて下さい。