情報教材アフィリエイトで経済的成功を果たす実践ブログ

プロフィール

プロフィール写真

名前:東雲 司(しののめ・つかさ)

バングラデシュの首都ダッカ在住。

数年勤めた会社をリストラされた後、ネットビジネスを始めました。

最初はノウハウコレクターに陥りましたが、紆余曲折あり月収102万円を達成。

今は主に、伝統的な心理学を活かし、その人に眠る才能を開花させる活動をしてます。

「全ての人には、特別な潜在能力が宿っている。それを開花させれば、誰でも成功出来る」が信念です。

コミュニケーションを取りながら、一緒に収入を得ましょう。

詳しいプロフィールはこちら

東雲のサポート方針はこちら

計画中のネット講座一覧はこちら

お問い合わせはこちら

東雲のTwitterはこちら

最近のエントリー

性格診断アフィリエイト

あなたの才能を正確に見抜き、
最速で月収50万円を稼げる方法を見つけ出す、
スイス伝統的な性格診断を172名限定で公開中

今すぐクリック

最新情報

毎月7kgダイエット

<更新日時> 11月21日(水) 17:39

週3食は、ダイエット効果が非常に高いです。

今まで毎週21回摂っていた食事を3回に減らせば、
どうあがいても太れません。

私は筋トレの増量期に、体重を80~90kgに
増やしてから、減量期へ入ります。

その際に週3食を実践するのですが、
上手くいけば毎月7kgは痩せます。

3ヶ月で21kgもダイエット出来るのです。

体重が60kg台に入ると段々痩せにくくなりますが、
それでも毎月3kgは体重が減ります。

究極のダイエット法です。

反面、会社員の方だとスーツがブカブカになったり、
痩せすぎて上司や同僚から「何かストレスがあるの?」と
病気を心配されるかも知れません。

が、正直に「ダイエットに成功した」と言えば、
賞賛されると思います。

何より重要なのは、週3食理論が、
メタボ改善に直結する事です。

つまり、命に関わる病気を予防出来ます。

ここで正直にお話すると、
少食生活にもリスクはあります。

たとえば、無理に食事を減らせば、
水分不足、糖質不足、ナトリウム不足
などに繋がる危険性は否定出来ません。

すると、倦怠感や思考力の低下などが起こります。

また、体温が下がったり、免疫力がダウンし、
風邪を引きやすくなるデメリットもあるのです。

(ただし、当ブログで公表する最新の週3食理論では、
体温と免疫力の問題をカバー可能です。また、
糖質やナトリウム不足にも対策しています
)

この世に100%安全な健康法はありません。

と言うと無責任なようですが、週3食も
『絶対』大丈夫とは断言出来ないのです。

とは言え、無理をし過ぎなければ、
病気などの大問題にはならないと、私は考えます。

仮に、少食で体調が悪化しても、
無理だと感じた時に元に戻せば、
簡単に取り返しは付くのです。

生活習慣や食生活の問題になると、
なぜか「一回も失敗したくない」と
過敏になる方が多いのですが、
取り返しが付けば問題無いと思います。

そして、週3食理論を正しく実践すれば、
大きな健康被害に繋がる可能性は
かなり低いと確信しています。

逆に、肥満で居続ける方が危険です。

メタボは正式名称を、

メタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)

と言います。

簡単に説明すると、高血圧、糖尿病、
高脂血症など、あらゆる病気や異常が
同時に発生している状態です。

そして、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが
高まるので、最悪、命に関わります。

しかも、メタボの怖い点は、
時限爆弾に似ているところです。

つまり、今日は何の異常も無い健康体でも、
明日急に意識を失い、息を引き取る
可能性が存在します。

いつ爆発するか分かりません。

その点では、少食にも多少リスクがあるにせよ、
メタボを克服した方が遥かに安全です。

週3食を実践すれば、他に何の工夫をしなくても、
簡単にメタボが改善されます。

死に関わる病気を予防出来るわけです。

なお、

私は少し太っていると思いますが、
メタボかどうかは分かりません

という方がいるかも知れません。

私たちがメタボかどうかを知るには、
健康診断を受ける必要があります。

が、簡単に目安を得る方法として、

BMI(ボディ・マス・インデックス)

という数値が存在します。

私たちの体重と身長を元に、
痩せ型か、普通体型か、肥満か
を知れる方程式です。

もし、BMI値が肥満を指せば、
メタボを疑った方が良いでしょう。

【BMIの公式】

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=BMI

18.5未満:痩せ
18.5~24.9:正常
25以上:肥満

たとえば、身長170cmで体重が70kgなら、

70 ÷ 1.7 ÷ 1.7 = 24.2

です。

そのため、肥満に近いですが、
一応正常ゾーンに入ります。

一度、あなたのBMI値を出してみて下さい。

私が増量期に体重を90kgまで増やすと、
BMI値は30付近を指します。

本来なら危険ゾーンです。

が、3ヶ月後には体重は70kg台まで落ち、
BMI値も25未満になります。

そのため、今メタボを抱えている方も、
週3食をマスターすれば、90日以内に
健康体へ戻れる可能性が高いのです。

また、別の機会に改めて解説しますが、
当ブログで公開する次世代の少食理論では、
あなたの体に筋肉を残せます。

通常、人体は体脂肪と筋肉が同時に増減します。

体脂肪を燃やしながら筋肉を増やす

というのは不可能です。

たまに特異体質で、それが可能な方もいますが、
基本的にはあり得ないと考えて下さい。

そのため、ダイエットをすれば、
筋肉と脂肪がどちらも減少します。

しかし、一般に人気のダイエット法、
ファスティング(断食)では、筋肉が異常に減り、
体脂肪は大して減らないという現象が起こります。

結果、贅肉だけがブヨブヨと付いた
体型になりやすいのです。

しかも、筋肉が減ると基礎代謝が低下します。

(基礎代謝とは、何もせずジッとしていても、
自然と毎日消費されるエネルギーです)

そのため、リバウンドの危険性が高くなります。

が、週3食理論では、筋肉の減りを
最小限に留める事が可能です。

代わりに、体脂肪をマックスに燃焼させます。

おかげで、細マッチョになれるのです。

体重65kg、体脂肪率10%で、
腕は力こぶが 盛り上がり、腹筋は割れているなど、
男らしい肉体が手に入ります。

まさに『肉体改造』と呼べるほど、
あなたの体が生まれ変わるのです。

楽しみにして下さい。

次の記事 »